インテリアをオシャレに飾るアイテムのひとつとして重宝するのが、レースカーテンです。涼しげなレースカーテンは、淡い色が多く、窓際を素敵に演出できるアイテムなので、こだわって選んでいる人も多いのではないでしょうか。また、最近はさまざまな機能が兼ね揃ったものもあるようです。たとえば、友人が自宅に使っているのですが、目隠し効果とUVカットの機能があるレースのカーテンです。日中はもちろん、夜も外から見えにくくしてくれるし、紫外線もしっかりカットしてくれるから、夜、厚い生地のカーテンをしなくても安心なんだそうです。今は、カーテンの通販ショップでも取り扱われているそうで、購入しやすくなっていると教えてくれました。デザインがオシャレなだけではなく、毎日の生活を過ごしやすく快適にしてくれるカーテンがあるのは本当に嬉しいことです。カーテンの購入を検討する際は、ぜひ選択肢に入れたいです。

夏には白いレースカーテン

初夏に白いレースのカーテンが風でふんわり揺れるだけで、涼感を呼びます。真っ白い透き通る様なカーテンはそれだけで清々しく感じます。関東地方は梅雨入りしてしまいましたが、それが終わるといよいよ夏が訪れます。梅雨の晴れ間に夏の準備として、まずはレースカーテンを真っ白に洗い上げてみましょう。良く、カーテンが揺れて網戸にべたっと張り付くのが嫌だからブラインドにしているという方もいらっしゃいます。それはそれでいいのですが、なんだかちょっと無機質で寂しい気もします。思春期の男の子の勉強部屋だったら木製のブラインドなどかっこよくていいですね。けれどリビングにはやはり白いカーテンありきです。もしも、ふんわりを少しでも回避したかったらちょっとした裏技があります。風で持ち上がらない様、おしゃれな外国のコインなどを重しとしてちょっと縫い付けると良いそうです。

デザインの豊富なレースカーテン

レースカーテンは、日差しや視線を遮りながら外からの明かりを取りこむために、欠かせないものですが、あまりお洒落なイメージはありませんでした。実家でずっと使っていたものが単純なレース模様で、ごくノーマルなものだったため、レースカーテンはこんなタイプしかないと思っていました。しかし、結婚して家を建てることになり、住宅メーカーでカーテンを選ぼうとした時に、厚手のカーテンは本当に色々なデザインがあって、迷いながらもお気に入りを決めましたが、レースカーテンにも意外と種類があることに驚きました。ただ単純なデザインではなく、色がほのかに入ったものもありましたし、オーソドックスなものから、やや個性的と思われるものまであり、選ぶのも楽しかったです。リビング・私室・寝室でカーテンを変えることで、部屋の雰囲気も変わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*