. .

通販でのブラインド購入

採寸から施工までを依頼してブラインドを取り付けると、全体でかなり高額の買い物となってしまうことから、最近ではインターネットなどの通信販売を利用しての購入が人気を集めています。
通信販売と一口に言っても、決まった大きさのブラインドのみを販売している場合と、オーダーでサイズ調整するところまで対応している店舗があり、取り扱っている商品点数も店舗により大きく幅があります。
同様の商品であっても価格が異なっていたり、送料やサービスの違いから最終的な価格に違いが出てくることも少なくはないので、商品比較だけでなく購入する店舗についてよく調べておくことが重要です。

一般的に、定型サイズのみを取り扱っているのはインテリア関係の店舗で、ファニチャー中心の品揃えの中にブラインドをおいているという形になります。
サイズオーダーにまで対応しているのは、ブラインド専門店か、カーテンやロールスクリーンなど、同じ目的に使われる商品を中心に取り扱う店となります。
塗料や壁紙などのリフォーム用品とともに販売している店舗もあります。

通信販売でブラインドを購入する際には、自分でしっかりと採寸する必用があります。
どの部分を計るべきなのか、注意すべき点などについては、販売店舗のwebサイトに注意事項として詳細に解説されていることが多いので、それらを参考に行います。
ブラインドはカーテンと違い、サイズを考えるべきポイントは幅だけではありませんので、羽の大きさからくる奥行き、取り付けたときの窓ガラス面との差などについても考慮しなければなりません。
天井に取り付けるのか、正面に取り付けるのかで、計測すべき位置が変わり必用な幅も異なってきますので、間違いのないように気をつけます。

また、既に取り付けられているカーテンレールを利用してブラインドをとりつけることも可能ですが、場合によっては利用できないこともあるので、注文する前にしっかりと確認しておきます。
間仕切りとして使用する時や、特殊な位置に取り付けたい場合に必用な金具はオプションの金具などで対応することになります。
傾斜面があったり、サッシと壁面に段差があるのどの理由で通常の取り付け金具が使用できない場合でも、スペーサーを利用したり金具をプラスすることで施工可能になることも多いため、販売店に相談するなどして必用な部品を購入して下さい。
なお、アルミブラインドよりも木製ブラインドのほうが重量があるため、取り付ける窓枠や壁面には充分な強度が要求されます。